住職の格言

慈悲なき者を邪見の者という

  ~弘長二年(1262年)「顕謗法釥」~


  慈悲とは、悲しみと哀れみ。他者の幸せを祈る心。

  人として持たなければならない大切な心です。

  この心が薄いと、自己中心的になりよこしまな考えに陥ります。

  このような人が増えると、道理が通らず、社会が不安となり、

  個人の幸せもなくなります。

  慈悲の心を自分に確認し、他者の幸せを祈る姿が合掌です。

  

アクセス

妙立寺(みょうりゅうじ)

〒921-8031 石川県金沢市野町1-2-12
電話 076-241-0888
ご予約はお電話にて承っております
ページトップへ